L O A D I N G
求人案内

根の治療

Root Canal Treatment

根の治療Root Canal Treatment

根管治療は、むし歯が進行して歯の表面のエナメル質・象牙質を溶かし、最終的に根管に届くとその中の神経を侵してしまいます。

根管全体にむし歯菌の感染が広がり、症状が悪化すると歯を抜く(抜歯)しか選択肢がなくなってしまいます。そのため、定期検診でしっかりと予防していくことが大切となって来ています。

治療の流れ

1.
むし歯の進行が進み、神経にまで菌の感染が達しているような重度の場合には【根の治療】が必要です。
2.
専用の器具を使って神経の一本いっぽんを丁寧に掃除していきます。
根管内はとても細くて湾曲しており、さらに暗くて見えにくいため、専用のリーマー・ファイルという器具を使います。
3.
神経を取り除き、洗浄液で根管内を殺菌洗浄していきます。その後に歯科用セメントを注入し、限りなく無菌状態にします。
4.
セメントが固まったら、根管の入り口を封鎖して、むし歯菌の感染リスクを減らし、最後に被せ物を装着させて治療完了となります。
pagetop

© ONUKI DENTAL CLINIC